クジラアタマの王様  伊坂幸太郎

              f:id:nekolin55:20201219153526j:plain


久々に読んだ伊坂さんです。
「逆ソクラテス」がミステリベスト10を賑わわせてますが、先に買ってたこちらから読みました。

            
主人公の岸、政治家の池野内、アイドルの小沢ヒジリの3人には、過去に同じ体験をし、同じ夢を見ているという共通項がありました。
3人はある陰謀を巡って共に戦うことになりますが…

キーワードになっているハシビロコウ、瞑想にふけっている哲学者のような不思議な印象の鳥ですよね。伊坂さんはこの鳥でかなり想像力を喚起されたんだろうなと思います。

3人が見た夢の世界が漫画で載っているのがユニークです。伊坂さんは前からこういう企画をやってみたかったのだとか。

この本が発行されたのは2019年の7月末ですが、まだ日本でコロナが大問題になる前なのに、今のパンデミックを予見したような内容になっていて驚きました。
本の中では新型インフルエンザだけど、新型インフルエンザも何年か前猛威を振るいましたね。いくつかの要因を元に組み立てられているのでしょうが、今読むとほんとにタイムリーだと感じます。

夢の中で怪物と戦った勝敗が現実とリンクしているというのは突飛だけど、このコロナ禍の現状も、誰かの夢の結果だったりして…とつい考えました。

もしかしたら自分の知っている誰かが、人類の代表として夢の中で必死で戦ってくれているかも…。

そして見事怪物を討ち果たした時にはコロナも駆逐できると思うと痛快です。