夜は短し歩けよ乙女  琴音らんまる

イメージ 1イメージ 2イメージ 3イメージ 4イメージ 5

森見さんも強力プッシュの「夜は短し歩けよ乙女」の漫画版です。古書店で少しずつ買い集め、ようやく5巻まで到達しました。

原作のストーリーとオリジナルストーリーが交互に描かれているのですが、オリジナルの部分も原作の良さを生かしたものになっているので、違和感なく読めます。
何といっても絵がかわいらしく、黒髪の乙女はとってもラブリーでほんわかしていて、先輩もイメージ通りです^^李白、樋口、パンツ総番長などのキャラもいい感じです。学園祭事務局長の北大路がイケメンです(笑)
宙を漂う樋口、李白の三階建てバス、吹き荒れる風邪の神など、原作のもつ摩訶不思議さも自由自在!学園祭の偏屈王の劇は、絵で見るとさらに楽しさが増します♪毎日縁日のようなにぎやかさを、うまく表現してくれているのが嬉しいです^^
どんちゃん騒ぎの中で外堀を埋めつつだんだんと距離の縮まる2人の様子が、原作と同じく微笑ましいです^^ラストシーン数ページはカラーで、セピア色を基調とした色づかいが素敵です。巻頭カラーでなくて、巻尾カラーというのはめずらしいですね。

1,2,5巻の終わりに二ページにわたって森見さんのコメントが載っています。「可愛すぎる。これは問題である。しかしながら可愛いことは良いことである。」というのが最初の感想らしいです(笑)2巻のコメントでは早くも書くことがなくなったらしく、お茶を濁しているところが笑えます^^;3,4巻は書くのを諦めたのか載っていなくて、5巻では、机に全巻並べた時の感動が書かれています。
原作について「めいめいの道をめいめいのやり方で歩き通す乙女と阿呆が、ほどほどの幸せを掴むお話であった。良き阿呆と良き乙女が報われる世界。」と表現していて、うんうんなるほど~と思いました。そして、どのコメントの最後にも「マンガのほかに小説もある。両方楽しめる人は大変幸せであるばかりか、懐が深く人格高潔で素敵な人である」と書いてあるのが森見さんらしいです(笑)

原作のキュートさに胸キュンした人は、この漫画の乙女のおともだちパンチでさらにノックアウトされちゃって下さい^^なむなむ♪