22年目の告白 ―私が殺人犯です―  監督 入江悠

イメージ 1

WOWOWで以前あったのを録画していて、ようやく観ました。韓国映画「殺人の告白」をベースにしているそうで、続けてそちらも放送があったのですが、録画はしていませんでした。

1995年に、未解決の5件の連続殺人事件が起こり、担当刑事の牧村(伊藤英明)は、犯人を追い詰めて肩に銃創を負わせたものの取り逃がしました。犯人は報復のため、牧村の妹を殺そうとし、牧村の上司が巻き込まれて死亡、妹は行方不明に。
その後事件は時効を迎えましたが、曾根崎(藤原竜也)という男が、自分が事件の犯人だと名乗り出て、事件について綴った手記「わたしが殺人犯です」を発表します。
ネタバレありますので、未見の方はご注意下さい。






藤原竜也は「藁の楯」での最低の殺人犯役が記憶に新しいですね。その事もある意味ミスリードになってるかも。
この映画のポイントは、時効を迎えた犯人なら、普通はそのまま大人しく目立たないように生きていくはずなのに、時効を迎えたとたん、目立つような行動をとっているのはなぜなのか、というところです。もともと目立ちたい犯人なら、もっと前から何かアクションを起こしてもおかしくなさそうなのに。

顔を公にして、報道番組にまで出演した曾根崎は、当然のごとく、世間から糾弾されたり、被害者の家族に狙われたりします。そういう危険を冒してまで、手記を出版した意味は?

曾根崎が有名になると、真犯人だと名乗る男が、報道番組に牧村の妹が殺されようとしている瞬間を撮ったビデオを送りつけてきます。その映像がエグイです。
当然放送はできず、会場にいるキャスター、曾根崎、牧村たちで観ることになります。その映像にショックを受け、曾根崎は本当のことを語り出します。
この真相は驚きでした。曾根崎は犯人ではないのだろうとは思っていましたが、全くの別人だったとは。
なるほど、犯人のプライドを傷つけ、おびき出すための作戦だったのですね。手記は協力者である牧村が書いたものでした。

犯人はまんまとそれに乗り、正体を明らかにしましたが、真犯人が分かりやすすぎて、もう一工夫ほしかったです。その点、ドラマ『アンナチュラル』は素晴らしかったですね。
犯人は不自然に目立ちすぎることなく、しかも驚きがあって。

ですが、曾根崎の正体には驚いたし、途中まではとても引き込まれるストーリーになっていました。