植え替えのシーズン

毎年恒例、チューリップの球根とビオラの苗を植えました。

前の苗を始末して土作りをするのがいつも一番大変です。冬眠のかなへびを掘り起こしたりしてしまいましたが、トカゲや昆虫系はだいたい平気なので「ごめんごめん」と言いつつ、別の場所に引っ越しさせました。でもナメ君だけは好きになれません^^;

チューリップはいつも何種類か植えてます。今回は…

 ・アンジェリケ…中から親指姫でも出てきそうな、薄いピンクの八重咲きです。

 ・バレリーナ…オレンジ色の百合咲きで、香りがとてもいい品種です。

 ・ブルーダイヤモンド…紫色の発色がよく、美しいです。

 ・リトル・ビューティ…原種系で、赤色の花の中心に白と紫が入ります。

その他、品種名のない、赤色と、桃白二色のを植えました。 


ビオラはパンジーの原種で、花付きがよいのが特徴です。でも、こまめに花殻をつまないとだめですが…


花の写真を載せる気力がなかったので、単なる説明だけですみません^^;

冬にきちんと水やりと追肥をするかどうかで、春の咲き具合が全然違います。チューリップは球根だから、なんかほっといても大丈夫みたいな気がしますが、世話をしていると、草たけが高くなり、花も大きく色鮮やかです。でも、ほったらかしだと咲くことは咲きますがなんかイマイチ~みたいな花になります^^;
今年はあまりいい花が咲かせられなかったので、今年は寒さにめげず、きちんと世話をしたいです^^