2012-01-01から1年間の記事一覧

2012年読書マイベスト10

今年も紅白歌合戦をバックに、2012年の読書生活を振り返ってみたいと思います。 本は…読めてません^^; はっきり言ってベスト10が選べるほども読んでないのですが、自分が読んだ中の順位づけってことでご了承頂けたらと思います。 【国内編】 1 「開か…

残り全部バケーション  伊坂幸太郎

下請けで当たり屋や恐喝など裏稼業に手を染める溝口と、その相棒である岡田をめぐる連作短編集です。 5年間に渡って少しずつ発表してきた短編を、書き下ろしでまとめたという構成になってますが、これは最初からこういう構想があったんじゃないかと思わせる…

山崎まさよし SEED FOLKSツアー in下関

24日、山崎まさよしさんのコンサートに行ってきました^^ デビューして間もない頃からずっと応援しててコンサートも数回行っています まさやん(愛称です)は、生まれは滋賀県で話すと関西弁ですが、8才からずっと山口県で、今も実家は山口県内にありま…

アバター復活

先日からアバターが復活しましたね~ さっそく使ってますが、「花咲けアバター」のサイトでは動くアイテムが、ブログの方では動かないなど、 まだいろいろ不具合もあるようです。 表示させるのも一手間かかるので、今までよりちょっと面倒になったかも… あと…

ノエル  道尾秀介

登場人物が作った物語が、各編で重要な役割を果たす、連作短編集です。 この本はやはりクリスマスシーズンに読みたいと思って寝かせていました 「光の箱」は「Story Seller」で既読でしたが、内容はすっかり忘れていたので新鮮な気持ちで読めました^^ 「光…

12月に買った本

今月はいろんな意味でめちゃめちゃ忙しく、いつの間にか居間のこたつで寝てしまい、布団までたどり着けないことが毎日のように…よく風邪を引かないものです^^; 本を開いても眠くて仕方ないのでほとんど本が読めていません でも今週終われば少しは読書の時…

きのこの話  新井文彦

ひさびさに自然についての本を読みました。私の大好きなキノコ本です^^ 積読本を山ほど持っている私ですが、手持ちのキノコ本(約20冊)はすべて読破しています(笑) キノコって探して楽しい、見て嬉しい、食べておいしいと三拍子揃ってると思います。 …

舟を編む  三浦しをん

辞書編纂という事業の始まりから完成までを、それに携わる人々の思いとともに描いた物語です。 2012年の本屋大賞を取ったこの作品を、遅ればせながらようやく読みました。 馬締(まじめ)光也は言葉について鋭い感覚を持ち、他の部署からスカウトされて辞書…

大きな森の小さな密室  小林泰三

地元の本屋で、なぜか平積み手描きPOP付きで紹介されてた文庫です。 もともとの「モザイク事件帳」というタイトルの通り、いろいろなジャンルのミステリが揃っていますが、後半はほとんどバカミス寄りです^^; 「大きな森の小さな密室(犯人当て)」 別…

ポテチ  監督 中村義洋

伊坂幸太郎さんの短編集「フィッシュストーリー」所収の書き下ろし作品の映画化です。 この本の中で一番好きな作品です 読んだ時、ラストでは泣いてしまいました 主人公の今村には濱田岳さん。大好きなキャラの黒澤には大森南朋さん。二人とも中村映画には…

3連休スタートに買った本

三連休初日、新刊書店、古書店巡りに行ってきました♪ まず新刊です。 「黒猫の接吻あるいは最終講義」 森晶麿 「黒猫の遊歩あるいは美学講義」が面白かったので、次を読みたいと思いつつそれっきりになってましたが、本屋で出会ったので買いました。今回も表…

最近買った本

わずかですが、買った本のご紹介です。 「ストレイヤーズ・クロニクル Act-1」 本多孝好 「Story Seller」に所収だったシリーズの第1巻です。 超能力者達の活躍を描いた、クールな作品です。 「泰平ヨンの航星日記」 スタニスワフ・レム 前から気になってい…

ハヤカワ文庫 あなたの星座におすすめのクリスティは?

きのう、久しぶりに隣の市の本屋に行ったら、ハヤカワ文庫のクリスティフェアをやってました。 面白いと思ったのは、なんと帯におすすめの星座が書いてあるんです 12星座の性格分析をもとに選んであるそうです。 ちなみに私は牡羊座ですが、平積みになった…

ドラマ ダブルフェイス 潜入捜査編&偽装警察編

このドラマは映画「インファナル・アフェア」のリメイクで、TBSとWOWOWのコラボで2本に分けて制作されています。 TBSのドラマは、潜入捜査官として犯罪組織の中で生きる森屋(西島秀俊)を中心に描かれ、WOWOWの方は、犯罪組織の一員であり…

虚像の道化師 ガリレオ7  東野圭吾

ガリレオシリーズ第7弾の短編集です。 ガリレオは、長編の方がもちろん読み応えはありますが、もともと短編としてスタートしたシリーズなので、私にはこちらの方が何だかしっくり来ます^^ 「幻惑す(まどわす)」 新興宗教の教団内の死亡事件を巡る顛末で…

ハチミツとクローバー  監督 高田雅博

元々原作が大好きで、このDVDも買って持っています 翔くんのことは知っていたけれど、まだ嵐さんのファンではなく… たぶんこれが、初めて観た嵐さんが出演した映画でしょう。 今日、久しぶりに観直しました。何度も観ているけれど、ブログを見ると感想を…

光  道尾秀介

タイトル通り、子供の頃のキラキラした、そして少し切ない冒険譚です。 多くの方が感じると思いますが、これは道尾版「スタンド・バイ・ミー」ですね。 大人になってから考えると、何であんなことに夢中になっていたんだろうなあ…ということってありますよね…

夜の国のクーパー  伊坂幸太郎

架空の国同士の戦争を、猫の視点から描いたファンタジー作品です。 この作品を書くきっかけは北朝鮮のミサイル問題で、伊坂さんが抱いている戦争への恐怖を、書くことで落ち着かせようとしたのだそうです。 このことから感じるイメージとは相反して、死が描…

9月に買った本 part2

ちょっと遠出をして、書店、古書店巡りをしてきました。 土曜に「王様のブランチ」を見てたら道尾さんが新作の「ノエル」について語っておられたので、これは買わなくては!と思いました。でもまだ「光」も読んでないですが…^^; 道尾さんの作品はコンスタ…

9月に買った本

今日は土曜出勤の振り替えで休みです^^ この三連休にひさびさに古書店巡りに行ってきました。 まず古本単行本です。 「逆転ペスカトーレ」 仙川環 前から見つけていた本ですが、100円になってたので買いました。 タイトル通りレストランの話です。赤黒…

映画 ひみつのアッコちゃん  監督 川村泰祐

翔担も私も子供時代大好きだった「ひみつのアッコちゃん」。当時買った魔法のコンパクトは今もちゃんとありますそれが実写化ということで、翔担に誘われて行ってきました。 大人に憧れるアッコちゃんは、魔法のコンパクトの力を借りて大人になり、化粧品会社…

ここがウィネトカなら、きみはジュディ  大森望編

毎年夏にはSFを一冊は読むことにしているのですが、今年はこれです。読み終わったのが秋になってしまいましたが^^; 時間SFを集めたアンソロジーです。どれもはずれのない粒よりの内容になっていますが、13編の中から特に印象的だったものについて紹…

シャーロック・ホームズ シャドウゲーム  監督 ガイ・リッチー

謎解き部分も見応えがあった前作でしたが、本作はほとんどアクション物って感じでした。 前作同様スローモーションを多用した映像がインパクトがあります。 期待していたのはやはり宿敵モリアーティ教授との対決です。 高名な数学教授としての顔と、稀代の犯…

懐かしい本

コバルトシリーズのSF傑作選は、今ではプレミアがついているようです。 豊田有恒さん編集の3冊、風見潤さん編集の3冊を全て持っていますが、これは昔、新刊で家族が買ってくれた物だと思います。 写真にあるアイザック・アシモフ編集の「海外SF ショー…

ピカルディの薔薇  津原泰水

大好きな「蘆屋家の崩壊」の猿渡と伯爵が活躍する「幽明志怪」シリーズの短編集です。 伯爵が出てくるのは3編だけですが、猿渡と伯爵のコンビが揃うとそこはかとなくユーモアを感じさせます。 「夕化粧」 猿渡本人は出てこず、猿渡に届いた手紙に綴られた綺…

本屋の森のあかり 10 ,11  磯谷友紀

大手書店で働くあかりが、周囲の人々に支えられながら書店員として成長していく物語です。 章ごとに本の題名がつけられ、その本のエピソードがストーリーの中で効果的に使われています。 出てくる本は国内物も海外物もありますが、どちらかというと名作と呼…

からくりからくさ  梨木香歩

祖母の残した古い家に集う女性4人と、彼女たちの中心にある人形のりかさんとが織りなす日々を描いています。 「家守綺譚」ですっかり梨木さんの世界にはまった私ですが、この夏、梨木さんの作品を一冊は読みたいと思っていました。 梨木さんの作品には、縁…

夏休み購入本 part2

数ヶ月、ほとんど本を買っていなかった反動が出たのか、ここのところ買いまくってます^^; 新刊文庫です。 「ピカルディの薔薇」 津原泰水 「猫の眼時計」より、やはりこちらを先に読まないとですよね^^; 古本単行本です。 「舟を編む」 三浦しをん よ…

夏休み購入本

生活は全然夏休みではありませんが、世間的には夏休みということで(笑) 久しぶりに新刊を数冊購入です。 「光」 道尾秀介 「スタンド・バイ・ミー」を彷彿とさせる物語だとか。楽しみです^^ 「猫の眼時計」 津原泰水 津原さんの新刊が…と思って手に取る…

6,7月に買った本

最近古本屋巡りも思うにまかせず、あまり本を買っていません。 わずかですが、買った本を紹介します。 「夜の国のクーパー」 伊坂幸太郎 やっぱり伊坂さんの本は新刊で買いたいです。速攻で買いましたが、まだ読んでいません^^; この夏の一冊にしたいです…